3章課題

    アンサンブルにチャレンジしよう!


    課題内容(書籍P.92)

    いろんな音を同時に出せるということは、スクラッチの世界のなかで、ほかの人やコンピュータと合奏することもできるってことだね。ちょっとすごいと思わない?

    スクラッチは音楽データを再生することもできるんだ。だから、コンピュータには自分の好きな音楽を演奏してもらって、それに合わせてキーボードやマウスを操作して、楽器やドラムの音を出してみよう。

    音楽データは、「音」タブから追加して、「音」カテゴリーの「~の音を鳴らす」「終わるまで~の音を鳴らす」を使って再生することができるよ。「音ライブラリー」のなかにいろんな曲があるから使ってみよう。



    新しく追加したスプライト


    Trumpetのスクリプト


    Drum1のスクリプト


    Penguin2のスクリプト

    模範解答

    鍵盤のプログラムはそのまま使えば良いから、他の楽器やキャラクターを増やすと良いね。


    緑の旗を押した時にメロディーが自動で流れるようにしよう

    たとえば、ピアノ演奏に合わせてリズムが流れると面白そうだよね。今回は、「~の音を鳴らす」を使って、自分で音楽を作ってみよう。たとえば、新しいスプライトにこんな風に書いてみよう。4拍子のリズムが流れるよ。

    作ったメロディーをくりかえし流し続けるには、スクリプトを「ずっと」で囲むのを忘れないでね!


    みんなでいっしょに演奏しよう

    他の友達もいっしょに演奏できたら、とてもおもしろそうだよね。鍵盤に使っているキー(A、S、D、W、E…など)以外でのキーやマウスで操作できるようにスクリプトを書いていこう。


    スプライトによっては、さいしょから音データが入っているものがあるんだ。

    でも、他の音を使いたいときは、ライブラリーから選んだり、録音したり、フリー素材を使ったりすることもできるよ。


    音データはスクラッチ上で編集することもできるんだ。いろいろためしてみてね。


    「~の音を鳴らす」で指定する音は、▼をクリックして名前からえらぶ以外にも、数字を指定して選ぶことができるんだ。数字は、左上にある1以上の数だよ。


    例えば、6章で出てくる乱数(→書籍P.142参照)を使ってこんなことができるんだ。何が起こるか、実際に作ってためしてみよう。


    背景を変えて完成

    最後に、みんなでワイワイにぎやかに演奏している感じを出すために、背景を変えよう。


    更新日: 2016年12月22日