メディア関係者の皆さまへ


本ページでは本・電子書籍・Webサイトなどで『CoderDojo』について紹介する際の注意点・留意点をまとめています。皆さまのメディア掲載時のご活用していただけると幸いです。


1. CoderDojo はそれぞれ独立しています

『CoderDojo』は国際商標であり、全国の CoderDojo は立ち上げの際に利用許諾を受け、それぞれ独立して運営されています。

一般社団法人 CoderDojo Japan もライセンス契約を締結し、商標利用を承認された公式法人の1つではありますが、全国の CoderDojo の運営者ではありません。

したがって、例えば「全国の CoderDojo 一覧 (運営: CoderDojo Japan)」といった表記は事実ではないため、そういったご紹介は避けていただけると嬉しいです。


CoderDojo に対する誤解


CoderDojo は「憲章」を中心としたコミュニティ


2. 「道場」または「クラブ」と表記しています

https://coderdojo.jp/ では『CoderDojo』のことを「プログラミング道場」または「プログラミングクラブ」と説明しています。

上記以外の表記を禁止しているわけではなく、また、メディア媒体によって様々な制約があるかと思いますが、可能な限り公式の表記に準じていただけると大変幸いです。


CoderDojo とは、プログラミングクラブの自由な世界規模のネットワーク


3. ブランドガイドラインがあります

細かな点で恐縮ですが、正しい表記は『CoderDojo』となります。したがって、

といった表記はいずれも間違った表記となりますので、ご注意していただけると嬉しいです。

詳しくは下記のブランドガイドラインにまとめてあります。よければご参照していただけると幸いです。

参考: CoderDojo ブランドガイドライン


連絡先

以上がメディア関係者向けの情報となります。皆さまの執筆時のお役に立てば嬉しいです。

何かご不明な点があれば下記連絡先までお問い合わせください。


一般社団法人 CoderDojo Japan
連絡先: info@coderdojo.jp