DojoCon Japan 開催ガイドライン


本記事は、これまでの DojoCon Japan 実行委員の方々によってまとめられた開催ガイドラインです。DojoCon Japan の開催に興味ある方にとってお役に立てば幸いです。

『ココの詳細が知りたい』『今年は主催してみたい』などありましたら info@coderdojo.jp までお気軽にご連絡ください。


開催の頻度や名称について

  1. 『DojoCon Japan』は1年に1回だけ、日本国内で開催すること
  2. 日本国内では『DojoCon ◯◯◯』は『DojoCon Japan ▲▲▲▲』のみ使用すること
    • ※ ▲ : 開催年の西暦(2016, 2017, 2018)
  3. 単独開催であること(他のイベントと並列開催ではないこと)

開催場所について

  1. 開催地は日本国内であればどこでも開催ができること
  2. 全国規模のカンファレンスとすること
  3. 全国のチャンピオンやメンターが参加ができる会場などを選定すること(200名以上の参加が出来るところが理想)
  4. 開催場所はCoderDojoにふさわしい場所にすること

費用について

  1. 本編への参加費用は無料とすること

実行委員について

  1. 実施にあたっては実行委員会を構成すること
  2. 実行委員は最低3名以上のメンバーで構成すること
  3. 実行委員長はCoderDojoのチャンピオンであること

開催の申請について

  1. 開催にあたっては『CoderDojo Japan』を窓口に調整をする



参考情報:プロポーサルの要件(本家)

以下は DojoCon Japan の要件ではありせんが、以下に DojoCon の要件も記載しておきます。開催にあたってこちらもご参考にして頂けると幸いです。

⚠️ 注釈: 下記は翻訳当時の内容となります。最新版のポリシーは『DojoCon Handbook』をご参照ください (安川)

Event Outline(イベント概要)

Geographic Locations(立地)

Propsed Event Format and Timetable(提案のイベント形式と予定表)

Organizing Team(運営チーム)

Event Set-up Venue & Tech Specification(イベント会場と設備環境)

Finance and Sponsorship(資金とスポンサー)

Overall Impression(全般的な印象)

  1. チームがどれだけ準備できているようであるか
  2. (提案者が)強力かつポジティブにCoderDojoコミュニティーを代表する
  3. カンファレンスを運営するためのサポートを持っているように思えるか
  4. (提案者が)イベント設営のあらゆる側面を検討済みであるか
  5. カンファレンスがDojoConの在り方をさらに成長させる革新的なアイデアがあるか。

参照元

https://coderdojo.com/event-selection-policy-and-methods/